手づくりガラスと総欅づくりの家
手づくりガラスと総欅づくりの家

明治42年(1909年)に建築された。素材の美しさから近世以降、寺院建築に多く用いられた欅を材とし、柱から梁から一枚板の雨戸の戸袋に至るすべてが欅づくりで、永年磨きこまれた木目が見事である。
二階のガラスは、波打つようなゆがみが美しい手づくりガラス。日本における板ガラスの生産開始が明治40年であるから国産、輸入品の見分けは困難だが、当時最先端の建築用材といえよう。
もどる