格子戸のある家(増田家)
格子戸のある家(増田家)

格子戸は、古くは平安時代に初めて現れた建具で、伝統的な日本建築工法のひとつ。
細かい角木を縦横に間をすかして組み、窓又は、出入口に取り付けているが、組子の組み方にも幾種類かあり又、組子だけで吹通しのものや、一面に板を張るものなど、気候風土に合わせた工夫がなされている。
かつては街道沿いに格子戸の家並が続き、毎日主婦によって磨き込まれた美しい木目がこの町の独特の情緒ある風景だった。
もどる